サン開発工事株式会社

営業品目

ここ十数年の間にも推進工事の技術(工法)はかなり多様化してきました。まだ国内でもほとんど知られていない時代から、サン開発工事は広報の開発に取り組みました。特殊技術のベビーモール工法にはじまり、小口径管推進工事や鋼管パイプを施設するための最新技術を広く取り揃えています。
上下水道、ガス、電気、通信ケーブルや生活の要となるライフライン。これら配管のほとんどが地面の下を通っています。サン開発工事は幅広い工法と高いノウハウで、その設計・アドバイスから施工までを手がけています。
(下記はサン開発工事の最も得意とする技術で、各工法協会にも数々参加しています)

Baby molle - ベビーモール工法 –ボーリング方式一重ケーシング

ベビーモール工法は小型軽量で強力な回転力を備えた狭い場所からの発進が可能で、様々な土質への削進を可能とした工法です。

Mini molle - ミニモール工法 –オーガ掘削鞘管工法

オーケーモール工法でφ2000からの発進を可能にした工法でオーガービットの交換を行うことであらゆる土質に対応できます。

OK molle - オーケーモール工法 –オーガー掘削鞘管工法

オーケーモール工法はビットの交換により砂礫層・玉石混じり層・岩盤層と幅広い地盤に対応でき機械構造がシンプルかつ強靭で機械的トラブルが少ない。

Multi molle - マルチモール工法 – たて掘削・よこ掘削

狭い場所でも深いたて穴が掘られて低振動・低騒音で土質を選ばず掘削可能で開削では難しい場所を低コストで推進可能にしました。

TH Piperoof - THパイプルーフ工法 –

山岳トンネル・都市部の地中構造物(トンネル・地下道・下水道)を構築する場合の沈下防止対策として実施され、ビット交換により幅広い地盤に対応できます。

Beat riggery - ビートリガー工法 –ボーリング方式一重ケーシング

ベビーモールの強力な回転力とエアハンマーの打撃力の組み合わせにより岩盤や玉石を粉砕しての削進を可能とした工法です。

商品一覧

PAGE TOP